車検の検査は大きく分けて4つのブロックに分けて行われます

自動車というものは、一定の期間の中で点検を行ったり修理が必要になったりします。修理が必要になるのはそれほど多くはなくても、日常的な点検は勿論のこと、定期的に車の整備工場などに自動車を持って行き、調子が悪い部分があれば見てもらう事も必要なのです。また、自動車には車検というものがありますが、この車検と整備とは異なるものになるのです。車検はあくまでも自動車の検査であり、整備というものは自動車の調子を良くしてくれるという違いがあります。車検の検査では、大きく分けて4つのブロックに分類して検査を行って行きます。1つ目は、自動車の外周部分でもあるボディなどの検査です。これは基準となる車との同一性の確認を行うもので、改造している車などの場合はこの検査で不合格になります。2つ目は、自動車の再度スリップや前輪と後輪のブレーキの確認、駐車専用ブレーキの確認、そしてスピードメーターなどの計器類の確認作業となります。

特にブレーキというものは、効き目が悪かったりすると事故に繋がる可能性が高くなりますので、しっかりとチェックをして貰うことで安心を得られるわけです。3つ目は、ヘッドライトと排気ガスの確認になります。ヘッドライトの電球が切れていないかや、排気ガスがきちんと出ているのかなどを確認していくわけです。仮に、排気ガスがきちんと出ていないとエンジン部分などに損傷をきたしていたり、マフラーなどに損傷がきたされている可能性があるので注意が必要な部分です。4つ目は、下回りとなるタイヤなどの確認になります。これらの4つのブロックに分けてそれぞれ検査を行い総合的な判定を下します。基本的には全ての確認項目で合格をしていないと車検は通りません。仮に、不合格部分があると再検査が必要になるのです。この場合は、整備工場などで修理をして貰ってから再び確認をして貰う事になります。車検を行う場合、民間の修理工場などでも確認を行う事が可能です。民間の修理工場となる車検場では、修理もその場で行えますので、不合格になった時にはその場で修理が可能になり便利です。中には自分で確認を行うという人もいます。この場合は、車の点検を行える施設に車を持ち込み、係員などの指示に従って車の各所を確認していくのです。

この場合も、先ほど説明をした4ブロックに分けてそれぞれ確認をしていき、総合判定をするのです。そして全て合格となれば確認作業は完了となります。

 

Leave a Reply