車検はディーラーで受けるべきか

車検は車に乗っている人にとって2年から3年に1度やってくるやっかいな代物です。少なくとも1日は車を預けなければいけませんし、お金も相当かかるものです。しかも、車検をやってくれるところは、車を買ったディーラーだけでなく、ガソリンスタンドや車検工場、車用品の販売店まで、いろいろなところがあって、どこを選んでいいかわからなくなってしまうからです。車検をお金の面から考えると、車検工場やガソリンスタンドに頼むのが有利になります。車検にかかる経費には主に2つあります。それは工場などが取る手数料や修理費、消耗品の部品代と、あとは重量税などの税金です。税金は全国どこに出しても同額ですから、比較するのはそれ以外の費用ということになります。ガソリンスタンドなどに依頼するときは、自分の車が特に調子が悪いわけでないときは、最低料金で依頼することができます。

基本料金の最も安いところに、検査に通るだけの最低限の作業をしてもらって、代車なども要求せず、自分で車を持ち込んで、終了後は受け取りに行くことにすれば、最低料金で終わらせることができます。すぐに車を買い換える予定があったり、最初の車検だから車に不安がない場合などには、この方法であれば料金を抑えることが可能になります。違法な改造などをしていなければ、検査を通ることはそんなに難しいことではないからです。ディーラーに依頼すると、まず基本料金が高めに設定されていることは間違いありません。修理に必要な部品なども当然、純正品が使われますから高いものになります。またついでにオイルなどの消耗品も交換するとなると、その代金も高めになってしまいます。お金の面だけを考えるとディーラーに依頼するとかなりの出費を覚悟しなければならないのです。しかしディーラーにもメリットが当然あります。それは安心感です。自分たちで作った車ですから、少しでも不具合があれば丁寧に直してくれますし、細かいサービスが行き届いていることは間違いありません。また検査とは直接関係のない部分でも、チェックしてくれることが期待出来ます。しばらくその車を乗り続けようと思っているときや、逆にちょっとした不調を感じているのであれば、ディーラーに頼むことで、完璧な状態に戻してくれることを期待することができるのです。

自分の置かれている状況などをしっかり把握した上で、どこに依頼するかをじっくり考えて決断したほうがいいでしょう。

 

Leave a Reply